2019年03月19日

人生にすねてた #自覚

人生にすねてた


そりゃうまく行かないことはたくさんあるよ?

上司の仕事をサービス残業でやったり


けど、俺は人生にすねてたと思う


うまく行かなくてはすに構えてた

そうすればだれかが構ってくれると思ってた


けど実際には誰も構ってくれない

そんなことしてても誰も構ってくれないよとすら教えてくれない


人はそんなに暇じゃない

たまに、暇な人もいるけど

まっすぐに生きるってなんだ?


もはやすねるのが恒常化していたように思う

すねるというのは、

全力を尽くさず、

何か悪いことを画策し、

気を引くために変なことして、、、

結果的に人から嫌われたり

自己の能力を開花させる機会を奪ってしまう態度のことだ


もはや小学生だ


そしてすねてると、まっすぐに生きるすべを見失ってしまう

今の俺のように


ずっとすねて生きて生きてきたように思う

今日、元友人からのメッセージを読んで気づいたこと



自分には優しくしたいと思ってる

けど批判的にならないと、クソみたいな現実を生きてることへの整合性が取れなくなってしまう、ような気がする

うまく言えないけど

posted by Rocky at 19:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

マインドフルネス実践記10日目 #mindfulness

マインドフルネスの実践を始めた8日目から、

久賀谷 亮 氏が書かれた、

「脳疲労が消える 最高の休息法[CDブック]―

―[脳科学×瞑想]聞くだけマインドフルネス入門」

という本の音声を聞きながら、

メッタ

マインドフルネス呼吸法

ブリージングスペース

をやった(トラック一覧は下部に掲載)


そして今日、

RAIN

モンキーマインド解消法

をやった


自分が現状で問題意識を持っているものからやった気がする

その問題を解決したいという思いの表れなのだろう


どうやら、私の場合は、

人間関係がうまくいってないみたいだ(笑)

もう、人に期待するのはやめようと思う

そして、自らを高めることをしていきたいと思う

「高める」の意味は、

他人に寄りかからなくても、

自立し、

自らを楽しませ、

自ら満ち足りたようにあるということだ


自らが自らを満ち足りた状態にできないからこそ、
外に目を向け疲弊しているのだと感じている

どうすればよいのか

今は手探りで、

人の力や本の力を借りなければ、

現状の私からは変われない


その時点で他人に寄りかかっているのだが、

そこには目をつぶって見守っていてほしい・・・


マインドフルネスを始めて10日。

まだまだ、

上手くいかないこと、

怒りや過去の後悔などを頭に通しては、人生に対する負の感情を募らせている。

少なくとも募らせていることには自覚的になれた

24年生きてきた性向は一朝一夕には変わらないということか

大逆転の、

大変革の一歩なんてものは、

現実にはないんだ


一歩一歩、1秒1秒、いまを大切に生きたいと思う

その1つの術がマインドフルネスだ


あとは、

ムーブメント瞑想法とボディスキャンを残すのみ・・・


・Track 01 とにかく脳が疲れているとき――マインドフルネス呼吸法(10:47)

・Track 02 気づくと考えごとをしているとき――ムーブメント瞑想(8:47)

・Track 03 ストレスで体調がすぐれないとき――ブリージングスペース(7:23)

・Track 04 思考のループから脱したいとき――モンキーマインド解消法(6:59)

・Track 05 怒りや衝動に流されそうなとき――RAIN(3:58)

・Track 06 身体に違和感・痛みがあるとき――ボディスキャン(12:49)

・Track 07 他人へのマイナス感情があるとき――メッタ(8:20)



後日、ボディスキャンをやってきたが本当にリラックスできる

疲れていると途中で寝ている


ムーブメント瞑想法は、なかなか腕をあげるのが疲れた 笑

鍛えなければ…24歳だぞ、まだ、、、


マインドフルネスを初めて28日目だ

約1ヶ月が経った

疲れにくくなった気がする一方、

少し怒りっぽくなった気もする

仕事では、怒鳴るまでは行かないものの、明らかに起こった態度を部下や同僚、はたまた上司にまでそんな態度を取ってしまうこともある

いずれも理不尽なことをされた時なのだが、

怒ることは今までなかった

自分の感情に素直になれているということなのだろうか…

わからない


今日は自転車に1時間ほど乗ったが、

疲れをあまり感じなかった

ただし、これはマインドフルネスのおかげだと断じることはできない

なぜなら、走ったり自転車に乗ったりしているから、そうした行為の賜物でもあるかもしれないからだ


各々の効果を自らの体を使って実験をするのなら、

一つ一つ別々にやればよかったなと少し後悔…


今後もがんばります

posted by Rocky at 21:50 | Comment(1) | マインドフルネス瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

洋画"Big Fish"の感想

嘘・・・

しかし、人を幸せにする嘘は、それは物語だ


物語は語り継がれ生き続ける

嘘が生き続ける


たとえ真実は死してもなお



嘘・・・

それを善の力として用いればそれはすなわち小説となり人を笑顔にする素晴らしいものとなる

それを悪の力として用いればそれはすなわち詐欺であったり人を傷つけるものになる



Fish Storyは英語でほら話という意味だ

じゃあ、Big Fishは大ボラという意味になると思う(私の勝手な解釈です)


本作の大ボラは、嘘の善の力を最大限に発揮して、無機質な現実に色どりを与えた

そして嘘(Fish)は長い流れの中でも語り継がれ、生き続ける


嘘・・・



厳密に言えばフィクション小説なんかは全て「嘘」というわけだが、

誰もそんなことに騒ぎ立てない

なぜなら楽しいから


人を不幸にする方向に嘘を用いた時には、

人はその人を糾弾し始める




善の方に嘘の力を用いていこうと思った


嘘。。。というか、空想の素晴らしさを教えてくれる映画だった

posted by Rocky at 00:46 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

未来へとつながる道 #やりたいこと

「したい事もないのも意味わかんないよ」

「自由に生きて」

「好きに生きて」


最近、他人にいわれた言葉だ

言われたときは胸に深く突き刺さり、

今も傷口が疼いている

こんな風にして投げ出されると露頭に迷う自分がいるのだ

途端に答えに詰まる

もちろん、その場しのぎの嘘は言える

「あー、楽しいと思う本とか映画読んだり見たりしてさ、綺麗な石眺めてさ、それで満足だよ」

じゃあなぜ1人でいる時コレほどまでに苦しい?

いま述べたようなことをひたすらやってりゃいいじゃんかよ


本当に、やりたいことでは無いから

やりツィこと見つけたらもうずっとそれやっちゃうよね、もはや


うbにゃはり、

1人の確固とした強さを形成するのは俺みたいな人間にとって結構難しい


まず、やりたいことだが、漠然としてるけど思ってること…

形に残ることがしたい!

何であれいい

作品として何かを遺したい

LINEスタンプ作り(笑)とか

本を書いたりとか

彫刻でもいい(石が好きだから石彫を考えてたけどめんどくさそうだから木で何か彫ろうかなと思い始めた)

まぁ探し中だ

意味わかんないと言われても、いまはしょうがない


上述は全部1人でやるものだが、やっぱ他人とやるものは苦手だ

判断を性急に迫られるし、自分のペースでできない

まぁいい面もあるんだけどさ、自分の思ってる以上に体動かせたり、高揚感をシェアできたり

まぁでも後者は一時的なものだし、

やっぱ残るものがいい


だって、いいじゃん、残った方がさ

後から見て振り返れるし、

生きてたって感じするよね

でも、なかなか遺る物は作れないだろうなぁと思う


残すと遺すは違うと思ってるから

辞書的な意味は置いといて、俺の中での解釈↓

残すは、とりあえずおいとけばいい

遺すは、多くの人から、いや、多くなくてもいい、

大切な人から称賛を受け、その人々の心に長く残り続けるもののことだ

なので残すことは簡単だと思う

テキトーに作ればいい

ガラクタを量産することは簡単だ

しかし俺は遺したいのだ


また、自分の考えを発信したい

こうやって書かないと俺はうまく伝えられない


頭の回転が早くないから

相手の言ったことを理解して瞬時に返す能力が低いためだ


書くことなら時間をとって周到に準備ができる

幸い、俺は友達が少ないからそういう時間は十分に取れる



だから、こういう形で書いているのかもしれない


WEBという大海に、誰も目をくれないとはわかっていながらも、文章を小瓶に詰めて今日も海に放るのだ



そして、共通していることは未来へつながっていくものであるということだ

死ぬまでの人生の間、傍で柔らかな光となってくれるもの…

そうやってハードルをあげるからなかなか持つから無いのかもしれない

いいじゃんヨォ、今が楽しけりゃ!っていう考えをちょっとミックスした方がいいのかもしれない


コレいいよとか、

アドバイスあればお願いします

(一人一人とか言いつつもアドバイス求めます 笑)

では!


posted by Rocky at 17:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

強さとは? #1人の強さ

最近は悶々とした気分で映画を見たり、本を読んだりしていた

そうした気分であるのは別に映画や本のせいではない


人間だ


人間が原因だ


恩義をかけた人が自分から離れていく


そんな経験をした


人は信用できないなという証左がまた一つ増えた


そして、この証左はいつもの証左よりも大きかったし、辛かった

なぜなら、多分その人のことが好きだから


人は信用できない

でも複雑な気持ちなのだ

寄りかかりたい気持ちもあり、

共に居たい気持ちもある


この二つの気持ちの間で俺の心は揺れ動いており、

その反復運動のせいで

心が弱っているのを感じる


時折、怒りを感じることもあれば

やるせなさを感じることもあり

何事も楽しめぬ心、ひいては自分の人生に対する絶望を感じることもある

もちろん一時的に楽しいこともある

が、持続しないし

一人でいると俺の心は弱り、疲れていく


友達といても同じだ

何をいうかを思案し、

ミスれば自分を責める

他人といても、人に興味が向いておらず、

心は常に自分を見ている

そして批判的な態度をとり、自分自身が疲れていく


、、、

以上のような弱り切った状態で、

俺は、「強くならなければならない」と思った


生きていく以上、

自分がこれからも生きていくという選択を続ける以上、

俺は強くならなければならないと思った


強くならなければ生きていけない

そう思う


強くなければ、

今みたいに弱ってしまう


例を挙げれば、

例えば職場で、

上司が帰ってない時に帰るのにも勇気を奮わなければいけない・・・

例えば他人と、

別れ際に悲しみや後悔を感じなければならない

例えば何事かに失敗し自分を責めるとき、

責められれば、強くないと容易に倒れてしまう


そこで、強さについて考えた

俺の目指す強さとは?


2つの強さがあると思う


1つは1人の強さ

一人でいれることが強さであり、

不確実な他人に寄りかかることなく

自分をおのずから楽しませ、

満ち足りた状態で生きていける・・・

それが1人の強さ


否、

他人に寄り掛かれることが強さなのか

不確実な他人と折り合いをつけ、

うまく世を渡っていけるのが強さなのか

他人はやはり楽しい

刺激をくれる

が、悲しみも怒りも生み出す可能性をはらんでいる

そこをうまくわたっていくのだ

楽しみの部分のみをうまく抽出して・・・

これが他人との(複数人の)強さ


しかし、後者の強さを確立をするには、

一人の強さが必要だと思う

なぜなら、他人から生じる悲しみや怒りという感情に当たられたとき、

一人の強さがなければ、

今の俺のように、打ちのめされ、弱ってしまう

悲しみに浸り、

精神的にまいって、

肉体にも悪影響が出てくる

(具体的には肩の痛みがあり最近は風邪っぽい)


一人の強さ

俺の中の定義は上述の通りだ


しばらく、一人の強さを追い続けたい


やることとすれば、

マインドフルネス、

キックボクシング(相手がいないのでシャドー。一人の強さを磨く以上、一人でいい)、

心理学系の論文を読んで、まとめてみる(英語の勉強にもなる)


そしていずれも楽しくなかったらやめる


なぜなら、

一人の強さの定義、

「おのずから楽しませ」

に反するからだ

楽しみを感じなければ、

やらなくていいと思う

人生は長短はあれどうせ終わるから

積み上げてきたものも無に帰する


なので

今、楽しいと思えるものをやろう


株も仮想通貨もFXもやらない

その行為自体は全然楽しくない

電子の揺らぎを見ているだけだ

やらない


楽しくないと思うことはやらない


ゲームも楽しくなければやらない

そして

ゲームは、現実逃避にはなるが、

強さを磨くことには寄与しないと思う

(今までの人生、

ゲームに逃げた部分が少なからずあり、

強さの確立には寄与しなかったという経験からきている)


映画も楽しくなければ見ない


寄りかかれる強さに移行できるよう

他人とのかかわりは続ける

リハビリみたいに (笑)


どーなったかはまたブログに書きたい

一朝一夕(いっちょういっせき)にはいかない事はよくわかっているので、

着実に歩みを進めていきたいと思う

2019.03.06から


どうか、どうか、

強くなれますように

posted by Rocky at 08:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
- 6F7669231F72375F7FCD389D0DCB53F6